Navisworks クラウド連携

Autodesk Navisworks® とのデータ連携によって、タイムライナー、ビューポイント、リンク(外部ファイル参照)、属性情報をクラウド上で簡単に共有できるようになりました。

ビューポイントをXMLでインポート可能

Autodesk Navisworks のビューポイント設定をXMLファイルだけで反映して利用できるようになりました。直交投影フォルダ階層にも対応しています。 関係者に見てほしいビューポイントを共有URLで指定することもでき、関係者は操作に迷うことなく指定箇所を確認できるようになりました。

Navisworks ビューポイント


リンクした外部ファイルをクラウドでも参照可能

Autodesk Navisworks の「リンク」機能で参照設定した外部ファイル(フォルダ)を「ローカルPC」でも「KOLC+」でも同様に参照できるようになりました。 これにより、各BIM/CIMモデルの関連ファイルを3Dビューアと紐づけることができ、クラウド上で関連ファイル(属性情報/帳票/写真など)を追加および更新できるようになりました。

Navisworks リンク(外部ファイル参照)

対応しているリンク形式

  • ファイル参照(相対パス)
  • フォルダ参照(相対パス)
  • インターネットURL(https://)
  • ラベル
  • 参照パスは相対パスで設定し、ローカルPCのフォルダ構成をそのままKOLC+にアップロードすれば、自動的にリンクがつながります。

属性情報を一覧表で確認できます

KOLC+では、各モデルに付与された属性情報をカテゴリ別にテーブル表示できます。 例えば、Navisworksアドオン「Navis+」で付与した属性情報をExcelのようにタブで切り替えながら確認でき、対応する3Dモデルをハイライト表示することもできます。

Navisworks 属性テーブル


TimeLiner設定から4D工程表を自動生成

Autodesk Navisworks のタイムライナー設定から4D工程表を自動生成し、クラウド上で施工ステップを共有・編集・進捗管理できます。スライダー操作で直感的に4Dシミュレーションでき、仮設や解体タスクのシミュレーション、進捗遅延モデルの抽出にも対応しています。

Navisworks タイムライナー情報から4D工程表を自動生成 4D工程表の詳細はこちら ≫



複数のNavisworksをクラウドで結合

統合アプリ」を利用すれば、複数のNavisworksのタイムライナー設定をクラウド上で1つの工程表に統合できます。 これにより、工種や担当ごとにNWDファイルを分割して運用したり、仮設と本設のモデルを分離して4Dシミュレーションを実行したりできるようになりました。

タイムライナー統合 統合アプリの詳細はこちら ≫


対応ブラウザ

Google Chrome / Microsoft Edge / Safari ( iPad )
(特別なプラグインのインストールは不要です)


料金プラン

月額 3万円(税別)
3Dプラン(50GB/100ユーザー)の場合


さらに詳しく...