【KOLC+】BIM4Dダッシュボード | デジタルツインに現場データを集約・連携

BIM/CIMモデルや点群で構築したデジタルツインに、GNSS、計測データ、ライブ映像、写真などを連携し、現場ダッシュボードを作成できるクラウドサービスです。 統合アプリのご契約で利用可能です。

様々なクラウドに散らばった現場データを
デジタルツインに集約・連携

デジタルツインに現場データを集約・連携

統合アプリで作成したデジタルツイン上に「様々な現場データをリンクしたい」というニーズから生まれた機能です。 簡単な操作で点在するデータをデジタルツインに連携して、現場ダッシュボードを構築できます。


デジタルツイン上で写真・動画・ファイルを管理

デジタルツイン上に写真、動画、360°写真、Excel、PDFなどを簡単にプロットして管理できるようになりました。写真のEXIF情報からの自動プロットや、標高の自動セット、直感的な位置編集ツールなどを実装することで、BIM/CIMモデルを活用した直感的なファイル管理を実現しています。

デジタルツイン上で写真・動画・ファイルを管理 データ提供:株式会社富士ピー・エス / 芝本産業株式会社 / 国土交通省 四国地方整備局 波川高架橋工事
デジタルツイン上で撮影箇所に写真をプロットしている様子。点群やモデル面にスナップして直感的に操作できます。

360°写真・動画をデジタルツイン上でプレビュー。分割2画面でも表示可能 データ提供:株式会社富士ピー・エス / 芝本産業株式会社 / 国土交通省 四国地方整備局 波川高架橋工事
360°写真をデジタルツイン上でプレビューして、分割2画面でプレビューしている様子(360°動画やライブ映像にも対応)

デジタルツイン写真管理の活用イメージ デジタルツイン写真管理の活用イメージ

フォルダはバルーン表示で内容を確認できます データ提供:株式会社富士ピー・エス / 芝本産業株式会社 / 国土交通省 四国地方整備局 波川高架橋工事
フォルダはバルーン表示で内容を確認できます

デジタルツイン写真管理の特長

  • 写真(EXIFあり)をフォルダにアップロードするだけでデジタルツイン上にプロット可能
  • 標高なしの写真でもモデル上面に自動プロット
  • 写真の位置はドラッグ操作で直感的に編集可能(iPad/Apple Penceil 対応)
  • 経度緯度はミリメートル精度で保存
  • 360°写真や動画のプレビューにも対応
  • メモの追記も可能
  • 位置情報を持たないファイル(PDF/Excel/フォルダ等)もプロット可能
  • CSVエクスポート(ファイルの大座標、経度緯度、標高、メモなど)に対応
  • 連携するフォルダは複数可。工種や工区で自由にレイヤー分けできます
  • 2Dマップとも連携可能

点群タイムライナーで進捗確認

点群データを4Dタイムラインに追加して、進捗共有に活用できます。表示期間や表示形式はクラウド上で編集可能です。BIM/CIMモデルの4Dシミュレーションと点群タイムライナーを統合した進捗確認にも活用頂けます。

点群タイムライナー
データ提供:株式会社富士ピー・エス / 芝本産業株式会社 / 国土交通省 四国地方整備局 波川高架橋工事


Safie(セーフィー)のライブ映像をAPI連携

セーフィー株式会社が提供するクラウド録画サービス「Safie」とAPI連携することで、Safieカメラのリアルタイム映像(音声)をKOLC+のデジタルツインに連携可能になりました。 複数台のカメラの同時視聴にも対応しており、必要に応じて映像の拡大縮小、音量調整が可能です。

Safie(セーフィー)とAPI連携 データ提供:株式会社富士ピー・エス / 芝本産業株式会社 / 国土交通省 四国地方整備局 波川高架橋工事 ※映像と本工事は関係ありません
セーフィーAPIと連携してダッシュボード構築したイメージ

Safie API連携のメリット

  • どこの映像なのかをデジタルツイン上にプロットして共有できる
  • Safieアカウント不要で関係者にライブ映像を共有できる(同時接続数に制限あり)
  • Safieのリアルタイム映像(音声)をAPI認証によって安全に連携できる
  • 追加費用なし(Safie、KOLC+ともに)

GNSSとAPI接続してリアルタイム位置情報を共有

GNSSなどの位置情報サービスとAPI連携することで、デジタルツイン上に移動体のリアルタイムな位置情報をプロットできるようになりました。 高精度測位サービスを利用すれば、重機やトラックの位置だけでなく、クレーンの先端、橋桁の位置、作業用エレベーターの場所などもセンチメートル精度で反映することができます。

イチミル(RTK-GNSS測位)のリアルタイム位置情報をデジタルツインにプロット データ提供:国土地理院

API連携可能なGNSSサービス

  • ichimill(イチミル):RTK-GNSSによる高精度測位サービス
  • ELTRES:低消費電力・長距離安定通信が特長の通信規格(作業員位置、車両位置など)
  • 今後、リクエストに応じて追加予定

クラウド型計測システム「DXsite」とAPI連携

千代田測器株式会社が提供するクラウド型計測システム「DXsite」とAPI連携することで、現場のリアルタイムなセンサー計測データをデジタルツインに連携できます。

クラウド型計測システム「DXsite」と連携 データ提供:千代田測器株式会社

また、トータルステーションの自動計測データをKOLC+のデジタルツインに即時反映することも可能です。 例えば、橋梁工事の上げ越し管理などで事務所にいながら最新データを確認できます。

トータルステーションの自動計測データを統合モデルにリアルタイム反映 データ提供:千代田測器株式会社
DXsite 製品ページ ≫

Boxのフォルダを連携してファイル管理

クラウドストレージ「Box」のフォルダを連携すれば、デジタルツイン上で直感的にファイルのアップロードやダウンロードが可能になります。

統合ビュー上でBoxにファイルのアップロード データ提供:瀧上工業株式会社 / オフィスケイワン株式会社 / 国土地理院

3Dメモ機能で指摘箇所にコメントして共有

デジタルツイン空間に自由にコメントやラインを追加して共有できるようになりました。例えば、指摘箇所や補修箇所、用地買収の区画などを簡単に書き込めます。 カラー変更もできるため、進捗状況を色分けでステータス管理することも可能です。 iPadでもタップするだけで簡単に指摘箇所を追加できます。 記入したメモは保存して共有URLで関係者にシェアできます。

3Dメモ機能でコメントを追加 データ提供:株式会社富士ピー・エス / 芝本産業株式会社 / 国土交通省 四国地方整備局 波川高架橋工事

3DメモにはURLも追記可能 データ提供:株式会社富士ピー・エス / 芝本産業株式会社 / 国土交通省 四国地方整備局 波川高架橋工事

3Dメモで点群データにコメントを追加 データ提供:株式会社富士ピー・エス / 芝本産業株式会社 / 国土交通省 四国地方整備局 波川高架橋工事

クレーンの可動域などを記入可能 データ提供:株式会社富士ピー・エス / 芝本産業株式会社 / 国土交通省 四国地方整備局 波川高架橋工事

BIM色塗りツール BIM色塗りツール



計測データを3Dグラフで表現

CSV形式の計測データをKOLC+にアップロードするだけで、デジタルツイン上に簡単に3Dグラフを描画できます。 計測点の座標を公共座標系(大座標)で指定すれば、自動的にBIM/CIMモデルと位置合わせされます。ローカル座標系の場合は、位置合わせツールで3Dグラフの位置を調整することも可能です。

計測データを3Dグラフでプロット データ提供:瀧上工業株式会社 / オフィスケイワン株式会社 ※計測データは実際のものではありません


対応ブラウザ

Google Chrome / Microsoft Edge / Safari ( iPad )
(特別なプラグインのインストールは不要です)


料金プラン

月額 5万円(税別)
3Dプラン(50GB/100ユーザー) 2現場分の場合
統合アプリのご契約で利用可能です


さらに詳しく...