【KOLC+】BIM4Dダッシュボード | 統合モデルに現場データを集約・連携

BIM/CIMデータで構築したデジタルツイン空間に、現場カメラや計測データなどを連携し、現場ダッシュボードを作成できるようになりました。 統合アプリのご契約で利用可能です。

様々なクラウドに散らばった現場データを
統合モデルに集約・連携

統合モデルに集約・連携

統合アプリで作成した統合モデル空間(デジタルツイン)に「様々な現場データをリンクしたい」というニーズから生まれた機能です。 簡単な操作でクラウド上に点在するデータを統合モデルに連携することができます。時間軸を考慮した4Dシミュレーションに組み込むことも可能です。


統合モデルに現場データをリンク可能に

統合モデルの自由な位置にライブカメラやセンサー情報などをリンクできるようになりました。バルーン表示機能を使えば、統合ビュー上にリンク先の画面を重ねて表示できます。これにより、統合モデルと現場データを1画面で確認できるようになりました。

統合モデルに現場データを貼り込み
データ提供:瀧上工業株式会社様 / オフィスケイワン株式会社様
国土交通省 九州地方整備局 大川高架橋上部工(P39~P44)工事

統合モデルに現場データを貼り込み データ提供:瀧上工業株式会社 / オフィスケイワン株式会社 / 国土地理院

統合ビューでファイルをアップロード

クラウドストレージ(BoxやKOLC+)をバルーン表示すれば、統合ビュー上で直感的にファイルのアップロードやダウンロードを行うことができます。
統合ビュー上でBoxにファイルのアップロード データ提供:瀧上工業株式会社 / オフィスケイワン株式会社 / 国土地理院

リンクできるデータ例

  • YouTube Live(ライブ配信映像)
  • Safieのライブ映像(YouTube Live連携機能/限定公開も可能)
  • DXsite のネットワークカメラ映像
  • 国土交通省の河川ライブ映像
  • DXsite のセンサー情報(熱中症計、傾斜計、変位計、水位計、風速計など)
  • クラウドストレージ「Box」や「Dropbox」のフォルダ
  • KOLC+のフォルダ、写真・動画(360°対応)、帳票など
  • 独自クラウドシステムのダッシュボード画面など

クラウド型計測システム「DXsite」と連携

千代田測器株式会社様が提供するクラウド型計測システム「DXsite」と連携できるようになりました。 現場のカメラ映像や計測データをリアルタイムに統合モデル空間に連携可能です。

クラウド型計測システム「DXsite」と連携 データ提供:千代田測器株式会社

DXsite 製品ページ ≫

時間軸でダッシュボードを変化できるように

リンクした現場データにタイムライナー設定(開始日、終了日など)を追加して、時間軸でダッシュボードを変化させることもできます。 4Dシミュレーションに組み込まれるため、BIM/CIMモデルによる施工ステップと合わせてダッシュボードを表示可能です。

クラウド上で4Dシミュレーションに追加 建機モデル(SketchUp)にリンクと時間軸を設定した例。
データ提供:瀧上工業株式会社 / オフィスケイワン株式会社 / 国土地理院

4D工程表のメモ書きとして

4Dシミュレーションの中に「場所」と「時間」を指定したメモ書きとして関連情報を追加することもできます。 リンクの色やラベルはカスタマイズ可能です。
クラウド上で4Dシミュレーションに追加
データ提供:瀧上工業株式会社 / オフィスケイワン株式会社 / 国土地理院


計測データを3Dグラフでプロット可能に

計測点の座標、計測軸、計測値を含むCSVファイルをKOLC+にアップロードするだけで、簡単に3Dグラフを統合モデル上に生成できるようになりました。 計測点の座標を公共座標系(大座標)で入力すれば、自動的に位置合わせされます。ローカル座標系の場合は、位置合わせツールで3Dグラフの位置を調整することも可能です。

計測データを3Dグラフでプロット 計測データは実際のものではありません。
データ提供:瀧上工業株式会社 / オフィスケイワン株式会社

3Dグラフ 計測データは実際のものではありません。
データ提供:瀧上工業株式会社 / オフィスケイワン株式会社

計測値ごとに軸を指定可能

法面やトンネル壁面での計測データも表現できるように、計測値ごとに計測軸を指定できます。
3Dグラフ
計測データは実際のものではありません。
データ提供:瀧上工業株式会社 / オフィスケイワン株式会社

トータルステーションの自動計測データを連携

クラウド型計測システム「DXsite」とAPI連携することで、トータルステーションの自動計測データをKOLC+の統合モデルへ即時反映することが可能になりました。 例えば、橋梁工事の上げ越し管理などで事務所にいながら最新データを確認可能です。

トータルステーションの自動計測データを統合モデルにリアルタイム反映


施工ステータスや計測値をモデル色分けで共有可能に

CSVファイルの値」と「凡例設定」に応じて、BIM/CIMモデルを色分け表示できるようになりました。例えば、施工状況を色分けして共有したり、計測データが許容値内かを色分けして確認したりできます。

CSVファイルによるモデル色分け データ提供:瀧上工業株式会社 / オフィスケイワン株式会社 / 国土地理院

凡例設定について

  • 凡例設定:ラベル、色、データ範囲などをクラウド上で設定可能
  • CSVの値:文字列と数値に対応
  • CSVの列:読み取る列名を指定可能(外部システムから出力したCSVファイルをそのまま読み取り可能)

統合ビュー上で施工ステータス更新

統合ビュー上で直感的にBIM/CIMモデルのステータス値を更新できるようになりました。
統合ビューでCSV更新
データ提供:瀧上工業株式会社 / オフィスケイワン株式会社 / 国土地理院

iPad Proでのデモ動画(約1分)



対応ブラウザ

Google Chrome / Microsoft Edge / Safari ( iPad )
(特別なプラグインのインストールは不要です)


料金プラン

月額 5万円(税別)
3Dプラン(50GB/100ユーザー) 2現場分の場合
統合アプリのご契約で利用可能です


さらに詳しく...