4D工程表 | Navisworks タイムライナー

Autodesk Navisworks® のタイムライナー設定情報から4D工程表を自動生成し、クラウド上で施工ステップを共有できます。 IFC形式にも対応。月額3万円(税別)で最大100人に共有可能です。

直感操作で施工ステップを4Dシミュレーション

工程表のスライダーをマウスでつかんで左右に移動するだけで4Dシミュレーションを実行できます。施工箇所は緑色でハイライト表示されます。 また、クレーン設置や足場などの「仮設」や、撤去工事などの「解体」のシミュレーションにも対応しています。

直感操作で施工ステップを4Dシミュレーション
データ提供:瀧上工業株式会社様 / オフィスケイワン株式会社様
国土交通省 九州地方整備局 大川高架橋上部工(P39~P44)工事
統合アプリにて国土地理院の航空写真と10mメッシュ地形を統合しています)

4Dシミュレーションを自動再生

工程表のスライダーをダブルクリックすれば、シミュレーションを自動再生できます。Ctrlキーを押せば再生スピードを減速でき、詰まった工程を細かく確認することも可能です。

4Dシミュレーションを自動再生 データ提供:瀧上工業株式会社様 / オフィスケイワン株式会社様 / 国土地理院


指定日の施工箇所を確認

工程表の日付をクリックすれば、スライダーを直感的に移動でき、その時点の施工箇所を簡単に確認できます。

指定日の施工箇所を確認 データ提供:瀧上工業株式会社様 / オフィスケイワン株式会社様 / 国土地理院


各工程の対象モデルを詳しく確認

工程表の各タスクをクリックすれば、施工対象のモデルだけを表示できます。さらに、各タスクをダブルクリックすれば、周辺モデルを非表示にして詳細に確認することも可能です。

各工程の対象モデルを詳しく確認 データ提供:瀧上工業株式会社様 / オフィスケイワン株式会社様


分単位の4Dシミュレーションにも対応

工程表の時間スケールは(分/日/週/月/年)に切り替えることができます。例えば、鉄道や道路の切替工事のような分単位の4Dシミュレーションにもご活用頂けます。

分単位の4Dシミュレーションにも対応


工程のグルーピングに対応

複数の工程(タスク)をグルーピングして横1列に並べられるようになりました。例えば、クレーンごとにグルーピングすることで作業間隔やタイミングをより把握しやすくなります。

工程のグルーピングに対応


4D工程表に点群データや地形を統合

BIM/CIMデータ統合機能「統合アプリ」を利用すれば、Navisworkモデルに点群データ、地形、3D都市モデル(PLATEAU)をクラウド上で統合して4Dシミュレーションを実行することができます。

4D工程表に点群データや地形を統合可能 データ提供:株式会社富士ピー・エス様 / 芝本産業株式会社様

統合アプリの詳細はこちら ≫

複数のNavisworksをタイムライナー統合

統合アプリ」を利用すれば、複数のNavisworksのタイムライナー設定をクラウド上で1つの工程表に統合できます。 これにより、工種や担当ごとにNWDファイルを分割して運用したり、仮設と本設のモデルを分離して4Dシミュレーションを実行したりできるようになりました。

タイムライナー統合

統合アプリの詳細はこちら ≫

CSVファイルで更新可能

工程表のデータはCSVファイルでも更新できます。Navisworks から出力できるCSVファイルの「進捗%」列を 1~100 で指定してKOLC+にアップロードすれば、工程表の各タスクに進捗率をプログレスバーで表示できます。 「計画開始日」「計画終了日」もCSVファイルで更新可能です。

CSVファイルで更新可能



大規模モデルのTimeLinerにも対応

大手ゼネコン様にご協力を頂き、大規模工事の施工ステップを設定した大規模モデル複雑なタイムライナー設定にも対応しています。 大規模モデルでの高速動作を実現するために随時パフォーマンス調整を実施しています。


対応ブラウザ

Google Chrome / Microsoft Edge / Safari ( iPad )
Internet Explorer では動作しません
(特別なプラグインのインストールは不要です)


料金プラン

月額 3万円(税別)
3Dプラン(50GB/100ユーザー)の場合


さらに詳しく...