KOLC+とは?

コルクプラスのサービス概要についてご紹介します。

KOLC+は、BIM/CIMモデルや点群データなどを
クラウド上で簡単に統合・共有できるBIM/CIM共有クラウドです。

KOLC+ BIM/CIM共有クラウド

国土交通省の情報共有システム(工事/業務)としてもご利用頂けます。


KOLC+の機能一覧


BIM/CIMデータを統合してデジタルツイン構築

BIM/CIMモデルや点群データを統合可能



BIM/CIMデータをKOLC+で変換することで
大容量データでもWEBブラウザだけで共有できます。

変換とは?

BIM/CIMデータをフォルダにアップロードして
共有URLをシェアすれば、対応ビューアが起動します。



KOLC+では、共有グループである「プロジェクト」
作成して情報共有を行います。

1契約で1契約スペースを作成いたします。契約スペースとは、管理権限とライセンスの影響範囲となります。


契約が増えても、ログインは1回だけ。
複数のBIM/CIM業務を横断的にスムーズに共有できます。



シンプルで直観的なアクセス制御
プロジェクト参加者のみデータにアクセスできます。

各プロジェクトのデータは、そのプロジェクトの参加メンバーしかアクセスできません。それ以外のユーザーはプロジェクトの存在さえ知ることができない仕組みになっており、社外の関係者でも安心してプロジェクトに招待できるようになっています。



プロジェクトメンバーに権限を設定して
安全にデータ運用できます。



ユーザー招待、権限設定、プロジェクト作成は
契約スペースの「管理者」が行います。



プロジェクトのデータを別の契約スペースに
簡単に移管できるようになりました。

例えば、終了したプロジェクトのデータを他社や発注者に引き継いだり、分散したデータを1つの契約スペースに統合したりできます。プロジェクトの参加メンバーもまとめて移管できるため、運用中のデータの契約変更も簡単に実施できるようになりました。


さらに詳しく...